新書
新書

文春新書

明治・大正・昭和史 話のたね100

三代史研究会

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2004年12月15日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

いつかどこかで絶対に役立つ面白い話がぎっしり!

明治天皇の酒量、伊藤博文の英語力、吉田茂の大好物、マッカーサーのマザコン、巣鴨プリズンの中のカード博打……知っていますか

担当編集者より
明治天皇がいちばん好きだった酒、伊藤博文の英語力、犬猿の仲といわれた福沢諭吉と勝海舟の本当の間柄、昭和天皇が使っていた象の脚のクズかごの正体、マルクスとトルコ風呂の意外な関係、香淳皇后の父「暗殺」の真相、柳田国男が「十六代将軍」を軽蔑した理由、巣鴨プリズンでトランプ遊びに熱中したA級戦犯の名前……。「あっ!」と驚き、「なるほど」とうなずくエピソードが満載されている、面白くて役に立つ歴史エッセイ集です。(AM)
商品情報
書名(カナ) メイジタイショウショウワシハナシノタネヒャク
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2004年12月20日
ISBN 978-4-16-660415-9
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く