新書
新書

文春新書

風邪から癌まで つらい病気のやさしい話

山田春木

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2004年12月15日

作品紹介

好評『こわい病気のやさしい話』第二弾!

いざという時、慌てない、落ち込まないための「病気の本」。心配する必要がない症状から、危ないケースまで、内科医が分りやすく解説

担当編集者より
擦り傷は早く消毒して傷口を乾かす——これは一昔前の常識。最近では、消毒や乾燥をすると、かえって治りが遅くなるという説のほうが有力です。このように、いままで常識と思われていたことが、実はまったく役に立たない、それだけならまだしも、素人判断で症状を悪化させてしまうとしたら一大事! 本書は、病気になってしまったときに、慌てない、落ち込まない、そして間違った対応をしないための、現役内科医による「病気の本」です。前作『こわい病気のやさしい話』とともに薬箱のかたわらに、常備品としてどうぞ。(KY)
商品情報
書名(カナ) カゼカラガンマデツライビョウキノヤサシイハナシ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2004年12月20日
ISBN 978-4-16-660417-3
Cコード 0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document