新書
新書

文春新書

四季の暮しとまじないの文化京のオバケ

真矢 都

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2004年12月15日

作品紹介

観光では分からない。千年の都はこんなに奥深い

節分に異装をする「オバケ」という風習は何のためだったのか。京の人々の心を支えてきた民俗と信仰、四季の行事、祭りを読み解く

担当編集者より
立春の前日、節分の夜に、普段とは違う格好をする「オバケ」という風習が、かつて京都にはありました。なぜ節分なのか? なぜ異装をするのか? いまは花街に残るこの「節分オバケ」を軸に、昔からの民俗や信仰、魔除けと招福の行事を紹介します。それらの行事は、古都の住人たちの精神的生活を支えてきたばかりではなく、四季の移ろいとともに独特な情緒をつくってきました。かいなでの観光では分からない、“奥深い”京都への誘いです。(AK)
商品情報
書名(カナ) シキノクラシトマジナイノブンカ キョウノオバケ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2004年12月20日
ISBN 978-4-16-660418-0
Cコード 0239

著者

真矢 都

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く