作品紹介

DNAでヒトを選別する日はもう目前!?

知力や性格が主にDNAで定められていることはいよいよ明らか。遺伝子操作も実現間近。では、その先に待ち受けている社会とは?

担当編集者より
わが国の分子生物学の草分けである著者は、DNA研究の進展がもたらす技術が食糧、医療、環境など人類が直面するさまざまな問題にいかに有用か熱を込めて語る。が一方で、ヒトの性格も知能もかなりの部分DNAに依拠していることがいよいよ明らかになって、しかも簡単にDNAを操作できるようになったら、従来の「人間の平等」を前提とした社会システムは崩壊するのでは、という危惧も隠さない。本格的「DNAの時代」の開幕を前にした、まさに「期待と不安」に満ちた未来予測の書だ。(SH)
商品情報
書名(カナ) ディーエヌエーノジダイキタイトフアン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2005年02月20日
ISBN 978-4-16-660429-6
Cコード C0230

著者

大石 道夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く