作品紹介

輸入再開で、またもアメリカのごり押しに負けるのか!

いまや牛肉の多くを輸入に頼っている日本。だが、その現状は国際政治が生み出したものだ。牛肉と政治のかかわりの構図を検証する

担当編集者より
ついに日本でも狂牛病に由来する新型ヤコブ病患者の死者が出た。が、ほんとに海外で感染したのか、米国産牛肉は果たして安全なのか、そもそも狂牛病の原因は何なのか、など様々な謎を積み残したまま、米国産牛肉輸入再開に向け政府は急ぎ条件整備を進めている。この状況下になぜ? 1988年の日米牛肉・オレンジ自由化交渉以来、牛肉は政治に翻弄されてきた。牛肉とアメリカ、農林族議員と畜産業界のからみの構図を、今改めて検証する。(SH)
商品情報
書名(カナ) ギュウニクトセイジフアンノコウズ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2005年03月20日
ISBN 978-4-16-660437-1
Cコード C0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く