作品紹介

誰でも「傷つきに耐える心」をもてる

現代社会に傷つけられ、人間関係に苦しむ若者が増えている。彼らへの共感をこめて、心理療法を基礎にした「生きる技術」を説く

担当編集者より
引きこもりやリストカット、フリーターの増加など、「打たれ弱い」若者の増加が社会問題化しています。中年を過ぎて傷つきやすさを再確認する人も多くいます。現代人はなぜ、どんな風に傷つくのか。さまざまなタイプの傷つきを分析して行くと、原因の多くはその人個人より、むしろ現代社会の構造と生育歴に求められます。原因探しが目的なのではなく、由来を知れば、「傷つきに耐える心」に近づくことができるからです。心理療法に基づく「傷つきへの対処法」も紹介します。(AI)
商品情報
書名(カナ) キズツクノガコワイ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2005年05月20日
ISBN 978-4-16-660444-9
Cコード 0247

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く