新書
新書

文春新書

落第小僧の京都案内京都人は日本一薄情か

倉部きよたか

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2005年07月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

誤解に満ちた京都の不思議、発見!

祇園祭は実は下京人だけの祭、といった意外に知られていない京都の真の姿や穴場を、名僧に師事して破門された著者が愛憎深く紹介

担当編集者より
名僧といわれる京都大徳寺の立花大亀師に、若い日小僧として仕えながら、修行に耐えられず破門された著者による、いっぷう変わった京都案内。お寺と町家の京都はまた、しばしば「この間の戦争」(第二次大戦ではなく、応仁の乱!)と口にする京都人との付き合いの難しさも指摘される。ガイドブックには出ていない、京都の隠れたいいお寺はどこか、なぜ竹の結界を設けているか、地図をいっぺんに覚えられる「通り名唄」、意外なサクラの見場所などを明かしています。(UM)
商品情報
書名(カナ) ラクダイコゾウノキョウトアンナイ キョウトジンハニホンイチハクジョウカ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2005年07月20日
ISBN 978-4-16-660452-4
Cコード 0295

著者

倉部 きよたか

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く