新書
新書

文春新書

ピース・フィーラーズ 1945夏幻の終戦工作

竹内修司

  • 定価:本体890円+税
  • 発売日:2005年07月19日

作品紹介

この工作が成功していれば原爆は落とされなかったか

これまで全く知られなかった密かな終戦工作の全貌を欧米に残る資料をもとに徹底分析。敗戦60年の節目に、すべての日本人の必読書

担当編集者より
日本政府と軍部が採用した和平ルートである対ソ連交渉とほとんど並行して極秘交渉が、スイスを舞台に行われた。岡本清福(きよとみ)陸軍武官、加瀬俊一スイス公使、国際決済銀行幹部とペル・ヤコブソン国際決済銀行経済顧問(スウェーデン人)、アレン・ダレス(米戦略諜報局の欧州責任者)間で交わされた緊迫した交渉の全貌を、近年発見された新資料をもとに終戦60年の節目に再現する。(TT)
商品情報
書名(カナ) ピースフィーラーズイチキュウヨンゴナツ マボロシノシュウセンコウサク
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2005年07月20日
ISBN 978-4-16-660454-8
Cコード 0221

著者

竹内 修司

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く