作品紹介

人間とは幻想に住む動物である

強迫神経症の原因は、無限・無条件を装った母の愛だった。フロイドとの出会いによる解放、更に独自の理論へと至る思索のドキュメント

担当編集者より
「人間は本能の壊れた動物である。だから幻想を必要とし、幻想の中に住むしかない」という“唯幻論”は、多大な知的興奮を与えてきました。なぜこのユニークな学説にたどりついたのか、を顧みた内面のドキュメントが本書です。物心ついたときから強迫神経症に悩まされてきた筆者は、フロイドの精神分析に出会うことにより、神経症の原因を突きとめます。それは、母親の「愛情」でした……。親子の見えざる葛藤。人間という存在の奇妙さ、不可思議さを考えさせられる一冊です。(AK)
商品情報
書名(カナ) ユイゲンロンモノガタリ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2005年08月20日
ISBN 978-4-16-660455-5
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く