作品紹介

宗教団体が狂気を帯びた、そのルーツは何か?

地下鉄サリン事件などで死刑判決を受けたオウム真理教の教祖に狂気が宿った原因は何だったのか。幼年期に遡る徹底取材で闇を描く

担当編集者より
日本中を、いや全世界を震撼させた「地下鉄サリン事件」から早10年。オウム真理教の教祖・麻原彰晃の裁判は、2004年の死刑判決以降、進展せず。公判維持が可能か否かを測るための精神鑑定が現在行なわれていますが、そもそも麻原彰晃とはいかなる人物だったのでしょうか?事件に目を奪われがちな風潮の中、本書は、松本智津夫という一人の男が大量殺人を犯すまでの足跡を、少年時代にまで遡りながら丹念に取材し、描き起こします。大宅賞作家ならではの話題作です。(SH)
商品情報
書名(カナ) アサハラショウコウノタンジョウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年02月20日
ISBN 978-4-16-660492-0
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く