作品紹介

山形は修験道、三重なら伊勢神宮、あなたは?

古代から近代まで、日本人は何を信仰してきたか。宗教勢力の流れを風土や気質とあわせて俯瞰する。都道府県別の主要社寺地図つき

担当編集者より
日本には「八百万(やおよろず)の神」と呼ばれる多くの神がまつられている。このことは、日本人が古くから他者の信仰に干渉しない生きかたをしてきたことを物語るものである、と著者はいう。それゆえ日本では、きわめて多くの宗教が共存している。個々の都道府県の宗教のあり方をみていくと、さまざまな興味深い発見に出会える。本書は各都道府県の歴史、地理が地域の宗教のあり方に与えた影響を簡潔に記し、多様かつ包容力に富んだ日本人の宗教観を教えてくれる。(TT)
商品情報
書名(カナ) シュウキョウノニホンチズ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年06月20日
ISBN 978-4-16-660502-6
Cコード 0214

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く