作品紹介

1979年、21歳の私は歴史に参加していなかった

イラン革命、ソビエトのアフガン侵攻の起こった七九年は歴史の大きな転換期だった。歴史に無自覚な日本人は今をいかに生きるべきか

担当編集者より
イラン革命が起こり、ソビエトのアフガン侵攻が行われた1979年は、歴史の大きな転換期でした。その頃から日本人は固有の歴史を失い、世界の歴史を共有するようになりました。79年当時、21歳だった著者はその時自分が歴史に参加していなかったことに気づいたのです。歴史に参加するとは何か、歴史への参加のあり方に優劣がつけられるのかについて、今と昔、時間軸を超えて現代を鋭く評します。不安と迷いの時代に生きる私たちにとって示唆に富む一冊です。(TA)
商品情報
書名(カナ) ドウジダイモレキシデアルセンキュウヒャクナナジュウキュウネンモンダイ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年05月20日
ISBN 978-4-16-660507-1
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く