作品紹介

小学校で我が子に英語をやらせるのが怖くなる

導入の最終段階に入った、小学校での英語必修化。同時通訳者として本物の英語力を知り抜く著者が、なぜ小学校英語に反対するのか

担当編集者より
中教審が「必修化」を提言したことで、「小学校英語」実現が目前に迫ってきました。「習うのが早いほど、英語がしゃべれるようになる」、「これからは読み書きよりもしゃべれる能力が大事」……これらはいずれも間違いなのです。同時通訳者として、本物の英語力を知る著者だから言える、「小学校英語」反対論。我が子に小学校英語を受けさせるのが怖くなってきます。(FM)
商品情報
書名(カナ) アヤウシショウガッコウエイゴ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年06月20日
ISBN 978-4-16-660509-5
Cコード 0295

著者

鳥飼 玖美子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く