新書
新書

文春新書

あの戦争になぜ負けたのか

半藤一利・保阪正康・中西輝政・戸高一成・福田和也・加藤陽子

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2006年05月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

21世紀の日本人は「あの歴史」から何を学ぶべきなのか?

戦後六十余年、「あの戦争」に改めて向き合った六人の論客が、開戦から敗戦までの疑問を徹底的に掘り下げる。「文藝春秋」読者賞受賞

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「文藝春秋」2005年の読者賞を受賞した座談会が新書として登場。対米戦争の目的は何だったのか? 陸軍エリートはどこで間違えた? その他、特攻、玉砕、戦艦大和など、20世紀日本最大の失敗を、最高のメンバーが論じつくしました。詳しい注が付いているので、歴史をあまり知らない人でも大丈夫。「あの戦争」をもう一度考え直してみるうえで、格好の導入書となりました。(KY)
商品情報
書名(カナ) アノセンソウニナゼマケタノカ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年05月20日
ISBN 978-4-16-660510-1
Cコード 0295

著者

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く