作品紹介

自爆テロには断じて非ず、あの戦法の真実を描く

太平洋戦争末期に散った若者たち。彼らの悲劇はなぜ生まれたのか? 特攻の生みの親・大西瀧治郎海軍中将たちの苦悩と葛藤を描きだす

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
航空機による体当たり攻撃、特攻攻撃はどのように誕生したのか。太平洋戦争における「特攻の創始者」と言われる大西瀧治郎海軍中将は、終戦時にその責任を負って割腹自殺した。多くを語らず、自己弁明をせず、自ら「特攻は統率の外道」とまで言い切った大西の戦時中の動きを克明に追うと、悲劇の意外な一面に突き当たる。徹底した取材による新事実と冷静な分析で、命じた者の立場から初めて特攻を検証した本格ノンフィクション。(AI)
商品情報
書名(カナ) トッコウトハナニカ
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年07月20日
ISBN 978-4-16-660515-6
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く