作品紹介

世界でもっとも「反日」で「親日」という逆説

「過去を反省していない」日本という反日理論を守るため、韓国政府とマスコミが隠し続けてきた日韓国交正常化後四十年の「成果」

担当編集者より
〈疑問1〉韓国人はなぜ竹島(独島)問題となると大騒ぎするのか?〈疑問2〉韓国がなぜ執拗に日本の首相の靖国参拝に反対するのか?〈疑問3〉韓国はなぜ「日本は過去を反省していない」と言うのか?新聞記者として26年間、朝鮮半島を見つめてきた著者が、すでに日本なしでは生きていけない韓国の実情……「世界で最も反日で親日」という逆説を明らかにします。(TA)
商品情報
書名(カナ) ニホンバナレデキナイカンコク
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年07月20日
ISBN 978-4-16-660516-3
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く