新書
新書

文春新書

愛をめぐる洋画 ぼくの500本

双葉十三郎

  • 定価:本体950円+税
  • 発売日:2006年10月20日

作品紹介

古くは「哀愁」近くは「初恋のきた道」まで好評シリーズ第4弾

純愛から、道ならぬ恋、片思い、家族への愛、師弟愛、郷土愛、さらには幽霊への愛まで、さまざまな愛の名作を精選。DVD情報付

担当編集者より
故淀川長治氏と並び称される映画評論家で95歳にして今なお現役の著者による、好評既刊『外国映画ぼくの500本』『日本映画ぼくの300本』『外国映画ハラハラドキドキぼくの500本』に続くシリーズ第4弾。今回は男女の恋愛はもとより、家族愛、師弟愛、動物への愛、あるいは涙の再会、すれ違い、悲劇の別れなど、「愛」のさまざまな様相を見事に描き出している作品を精選した。戦前の「哀愁」から2000年の「初恋のきた道」まで、人生を感じさせる名作揃い。DVD情報付。(SH)
商品情報
書名(カナ) アイヲメグルヨウガボクノゴヒャッポン
ページ数 408ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年10月20日
ISBN 978-4-16-660532-3
Cコード 0274

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く