作品紹介

戦争の底知れぬ怖さを、17歳の少年は見た

日本の勇者たちの激戦の島で、玉砕の後にいかなる苛酷な戦争が続けられたか。十七歳の少年兵が綴る国宝級の戦争本。NHK放映で話題

担当編集者より
「玉砕の一語で、あの島で死んだ仲間たちの思いが誰にも知られることなく消えてしまう。それに耐えられるのか?」17歳の志願兵として硫黄島で戦い、傷つき、飲まず食わずで生き延びること3ヶ月。著者の秋草さんは今年の夏、NHKスペシャル「硫黄島玉砕戦—生還者61年目の証言」への出演を契機に、戦後ずっと筐底(きょうてい)に秘していた往時の記録を公開する決心をしました。人間が正視しかねる戦争の姿を、17歳の目で誠実に書きとめた、イーストウッド監督にも読ませたい貴重な戦争本です。(HH)
商品情報
書名(カナ) ジュウナナサイノイオウトウ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年12月10日
ISBN 978-4-16-660544-6
Cコード 0295

著者

秋草 鶴次

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く