新書
新書

文春新書

年金無血革命

永富邦雄

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2006年12月18日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

積立金140兆円の4割が不良債権化している!

「年金はいらない人が制度決め」という川柳がある。官僚による情報の独占と操作を排し、一年金生活者の立場からの画期的提言を満載

担当編集者より
「年金はいらない人が制度決め」という川柳があります。政治家と官僚の責任先送りによって放置されてきた「年金」問題は、今もっとも緊急を要する課題です。年金論議はさかんですが、それをお上主導にしていてはあやうい! 長年、生保会社で年金問題を手がけてきた著者が、一年金生活者の立場から、また税金同様に保険料を支払っている若い人たちの心情を慮りつつ、年金に「無血革命」をと訴えます。複雑な仕組みと歴史をときあかしつつ、日本人全員の幸福がこの本から生まれます。(HH)
商品情報
書名(カナ) ネンキンムケツカクメイ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2006年12月20日
ISBN 978-4-16-660548-4
Cコード 0233

著者

永富 邦雄

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く