新書
新書

文春新書

短歌博物誌

樋口 覚

  • 定価:本体780円+税
  • 発売日:2007年04月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

クモは貞操帯をつけ、軍馬は兵卒より位が高い!

古来、鳥獣虫魚とともにあった日本人の暮らし。豊饒な列島に生きる我われの心性を短歌から解明する。ルナールの『博物誌』の日本版

担当編集者より
侘び住めば 八方の虫 四方の露基去も詠んだとおり、我われの暮らしは、鳥獣虫草とともにありました。和泉式部、西行から現代短歌まで、豊饒な生物相に抱かれて、育まれた日本人の心性と理性を短歌から解明するアンソロジー、そうです、ルナールの『博物誌』の短歌版です。蜻蛉(あきつ)から鰐まで、100種を超える生物を読み込んだ古今の名歌880首、著者の博学・博捜ぶりをお楽しみください。(WM)
商品情報
書名(カナ) タンカハクブツシ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2007年04月20日
ISBN 978-4-16-660565-1
Cコード 0295

著者

樋口 覚

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く