新書
新書

文春新書

その政治の図像学乾隆帝

中野美代子

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2007年04月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

統治のためなら、なんでもやるぜ!

清は満洲族の王朝。圧倒的多数の漢民族を支配するために美術、建築、文学と英知を総結集。中国史上最高の名君の実像と虚像を解析

担当編集者より
ご存知のように、清は満州族の王朝です。圧倒的多数の漢民族やイスラム民族を馴致・支配するために、あらゆる手段を講じました。漢服姿をイタリア人のお抱え絵師に描かせ、公園は西洋式で、隙をついてはチベット仏教の大寺院(ラサのポタラ宮そっくり!)を北京近郊に造営……。中国史上、屈指の名君・乾隆帝は、やってくれるのです。統治のためにあらゆる英知を活用した皇帝が陣頭指揮の、イメージの総力戦。その精緻な戦略、ときに壮大な逸脱をご堪能ください。(WM)
商品情報
書名(カナ) ソノセイジノズゾウガク ケンリュウテイ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2007年04月20日
ISBN 978-4-16-660567-5
Cコード 0222

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く