新書
新書

今は昔のこんなこと

佐藤愛子

  • 定価:本体740円+税
  • 発売日:2007年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

無くしたものは、こんなに可笑しくも懐かしい

買出しの芋も包んだ「腰巻」、女性解放の第一歩「アッパッパ」、いつの間にか入ってきた「押売り」――消えた風物を描く傑作エッセイ

担当編集者より
下働きのみよやが着物を脱ぎ捨て、初めてアッパッパを着た日。思えばあれは女性解放の第一歩だった。それから幾星霜、ふと気づけばステテコにカンカン帽のオッサンは街から姿を消し、主婦がオゾ気をふるった押し売りもすっかり見なくなった――。蚊帳、腰巻、火鉢、円タクなど、時とともに身の回りから退場した懐かしいモノ。良妻賢母、夜這い、親孝行などにまつわる今はなき風景を描くエッセイ集。愛子流・絶滅風俗事典は、なぜか懐かしさより笑いを誘う。(AI)
商品情報
書名(カナ) イマハムカシノコンナコト
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2007年05月20日
ISBN 978-4-16-660569-9
Cコード C0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く