作品紹介

裁判官が進めてきた「不道徳」の数々

「試験秀才」的で非常識な、独りよがりな「正義感」の裁判官たちが、「法」「正義」の名の下に、いかに「道徳」を破壊してきたか

担当編集者より
昨年まで裁判官であった著者は、国民の代表である国会より偉そうな「司法の行き過ぎ」に警告を発してきました。この本では「試験秀才」的な非常識な、あるいは独りよがりな「正義感」の裁判官たちが、「法」「正義」の名の下に、いかに常識的な「道徳」を破壊してきたかを論じます。「カネを借りまくって返せなくなっても破産宣告でチャラ」「親を殺したからって罪が重くなるのは不平等だ」「国旗国歌に敬意を払わないのはオレの良心の自由だ」……。これを許したのはみんな裁判官です。(FM)
商品情報
書名(カナ) サイバンショガドウトクヲハカイスル
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2007年09月20日
ISBN 978-4-16-660590-3
Cコード C0232

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く