作品紹介

はすっぱな人たちが入り乱れる世間を、生き抜く知恵

美男美女でないがなぜかもてる、信用できないがどこか憎めない——「人ったらし」処世術をポップに考察する。俎上に上る人物の評も鮮やか

担当編集者より
うさんくさいなと思いつつも、会った途端に一瞬で魅了され、心を気持ちよくトロトロにされてしまう。自らの薄っぺらな日常に、スリルとサスペンスと笑いを与えてくれる——そんな人を、亀和田さんは愛と敬意をこめて「人ったらし」と呼びます。吉行淳之介からアントニオ猪木まで、古今東西の「人ったらし」の魅力に迫り、加えて、「人ったらし」になるためのコツまで伝授。それは、からっ風がぴゅーぴゅー吹く世知辛い街場を逞しく生き抜いてゆく、古くて新しい処世術なのです。(FH)
商品情報
書名(カナ) ヒトッタラシ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2007年10月20日
ISBN 978-4-16-660597-2
Cコード 0295

著者

亀和田 武

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く