作品紹介

現役女子大学院生による本格的ラブホテル研究

全国300軒以上のラブホテルを訪れ、関係者へディープな突撃取材。生々しい証言で、欲望刺激産業の内側と、ラブホテルの未来を描く

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
金益見さんは現役の女子大学院生。ある日、電車の中吊り広告で、情報誌の「ラブホ特集」の文字を見て、金さんはぎょっとしました。しかし友人に聞いてみると、「デートによく使うよ。Hしないときでも」の言葉に再びびっくりして、「ラブホテル」を卒論のテーマに選びます。それがラブホテル研究の始まりでした。以来、訪れたホテルは全国300軒以上。経営者、建築家など多数に取材を行い、学内では利用者の意識調査まで実施。数々の生々しい証言で、欲望刺激産業の内側から、ラブホテルの未来の姿までダイナミックに描きます。(FH)
商品情報
書名(カナ) ラブホテルシンカロン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年02月20日
ISBN 978-4-16-660620-7
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く