新書
新書

文春新書

「奇人」山田一郎とその時代天下之記者

高島俊男

  • 定価:本体1,000円+税
  • 発売日:2008年02月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

東大は出たけれど——。友はみな偉くなり、我ひとり……

「政治の早稲田」をつくったのに、自ら衆院選に立候補すれば結果は96票。失意のままに全国をさまよった明治一の秀才「奇人」ここにあり

担当編集者より
早稲田創立に参画し、「政治の早稲田」をつくった男。その名は平々凡々な山田一郎。ただし、その生涯は「奇人」としての人生をまっとうした。東大の同級生だった友人たちはみな偉くなる。衆院選に出馬すれども、得票は96票で落選。友人や教え子を頼って全国を放浪し、フリーの記者として書いた文章幾千本。挫折した秀才のひねくれ根性と甘えを一身に体現した奇人を、明治大好き、奇人大好きの高島俊男さんが同情をこめて描く、東大卒で一番出世しなかった男の哀しき一代記です。(HH)
商品情報
書名(カナ) キジンヤマダイチロウトソノジダイ テンカノキシャ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年02月20日
ISBN 978-4-16-660621-4
Cコード 0223

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く