新書
新書

文春新書

大正昭和娯楽文化小史ぼくの特急二十世紀

双葉十三郎

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2008年03月19日

作品紹介

自分の企画書の出来に自信が持てない人、必読!

内外の映画から宝塚や松竹のレヴュー、新劇、軽演劇、ミュージカル、探偵小説まで、九十数年接してきた娯楽文化の思い出のすべて

担当編集者より
1910(明治43)年に生れ今年98歳を迎える著者は、文春新書『外国映画ぼくの500本』などでおなじみの映画評論の泰斗だが、実見してきたのは映画のみではない。幼き日、大正期の芝居見物に始まって、築地小劇場の草創期の新劇、宝塚や松竹の少女歌劇、エノケンやロッパの軽演劇、戦後めざましかった東宝ミュージカルなど、昭和全期にわたるさまざまな演劇を楽しみ、欧米のミステリ小説にも親しんだ。本書は、それら娯楽文化の豊富かつ貴重な体験を語り下ろしたものである。(SH)
商品情報
書名(カナ) タイショウショウワゴラクブンカショウシ ボクノトッキュウニジッセイキ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年03月20日
ISBN 978-4-16-660627-6
Cコード 0274

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く