新書
新書

文春新書

浮世絵をつくった男の謎岩佐又兵衛

辻 惟雄

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2008年04月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

伊藤若冲よりも妖しい、江戸時代随一の美

血腥く華麗なる画を遺した画家の劇的人生。『日本美術の歴史』の辻先生が心血を注いだ、図版70点収録、カラー満載の豪華絢爛江戸絵巻

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
2年前に東大出版会から出たベストセラー、縄文からマンガ、アニメまでを全点カラーで辿った『日本美術の歴史』をご記憶でしょうか? あの本の著者・辻惟雄東大名誉教授は、いまや江戸絵画の人気者となった伊藤若冲を広く世に知らせた方でもあります。その辻先生が江戸絵画の真打ちとして瞠目し、愛するのが謎の画家・岩佐又兵衛です。若冲よりも妖しい作品群全80点をカラー図版で紹介し、浮世絵の創始者でもあった劇的な生涯の秘密に迫ります。豪華絢爛、江戸絵巻をお楽しみください。(HH)
商品情報
書名(カナ) ウキヨエヲツクッタオトコノナゾ イワサマタベエ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年04月20日
ISBN 978-4-16-660629-0
Cコード 0271

著者

辻 惟雄

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く