作品紹介

現代日本の「基本の論点」がこの1冊でわかる!

今知っておくべき議論が全てわかる年刊誌『日本の論点』。その16年間の掲載分から最重要論文を厳選して収録。日本人必携の一冊

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
数多くの情報が溢れかえる昨今、本当に必要なのは、「知識」ではなく、「見識」です。教室で、会社の会議で、ネット上で、ディベートの機会が増える現代。「知識」や「情報」は、論理的に組み立てられていてこそ説得力が生まれます。他人を納得させる文章とは、どんな着想で、どう構成されているのか。本書は、当代随一の論客たちが寄稿した『日本の論点』の16年分、延べ2000に及ぶ小論文の中から、立花隆、藤原正彦、内田樹(たつる)らの目からウロコの主張を厳選し、どこがポイントなのかを解説しました。多数意見に対するもっともな「反論」から、巧みな論理で通説を覆す「卓論」まで、熾烈な現代社会を勝ち抜く上で必須の論理のテクニックを学べる最強のテキストです。「知っている」人から「議論できる」人になるための1冊。(SK)
商品情報
書名(カナ) ニジュウシチニンノスゴイギロン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年06月20日
ISBN 978-4-16-660639-9
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く