新書
新書

文春新書

陸軍大尉若杉是俊の幼年学校魂銀時計の特攻

江森敬治

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2008年07月18日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

なぜ最後に「特攻になるなよ」と言ったのか

「将来の陸軍大臣」とまで嘱望された幼年学校出の青年将校は、なぜ特攻として死んだのか。戦時下の青少年の心のひだを探るルポ

担当編集者より
靖国神社の遊就館には戦没者の数々の遺品が収められています。この本の主人公、若杉是俊大尉の遺品は、3たび拝受した恩賜の銀時計の1つと、特攻出撃を前に書かれた両親への別れの手紙です。戦前のエリートコース陸軍幼年学校に学び、「将来の陸軍大将」と衆目が一致していた若き逸材は、自ら特攻を志願し散華(さんげ)しました。しかし身近な人間には「特攻になるなよ」と自らの心情を語ってもいます。戦時下の超エリート日本男児が遺した日記と手紙を手がかりに、特攻隊員にとって、戦争とは、祖国とは、天皇とは何だったのかを、特攻生き残りの老人たちに導かれながら、著者は探っていきます。(HH)
商品情報
書名(カナ) リクグンタイイワカスギコレトシノヨウネンガッコウダマシイ ギンドケイノトッコウ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年07月20日
ISBN 978-4-16-660644-3
Cコード 0295

著者

江森 敬治

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く