作品紹介

日本人の背骨は人間くさいこの史書にあり!

「古事記」は日本語、国の成り立ち、列島人の心が濃縮されたタイムカプセル。記紀神話の世界をより刺激的、実証的に読み解く好ガイド

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
恋あり。野望あり。ファンタジーあり。「日本最古の歴史書は、とても人間くさい。日本人の背骨です」と長部さん。「日本書紀」を優等生の作文としたら、「古事記」はガキ大将のドラマ。秀逸のユーモア、はじける文体、壮大な構想……。列島人が、かくも心豊かで、千数百年前の昔に、こんなに破天荒に面白い物語をもっていたなんて!神話、日本語、日本という国の誕生。3つの謎に斬り込みます。記紀神話の世界をより丹念に、よりスリリングに読み解く好ガイドです。(WM)
商品情報
書名(カナ) コジキノシンジツ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年08月20日
ISBN 978-4-16-660649-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く