作品紹介

「オンリーワン」で「液晶のシャープ」をトップブランドに

液晶テレビAQUOSを開花させ、亀山工場で日本の製造業復活の狼煙をあげたシャープ。会長が綴るリストラなき「新・日本型経営」の真髄

担当編集者より
AQUOS(アクオス)といえば、液晶テレビの世界的な代名詞。シャープ会長・町田勝彦さんは、AQUOSの開発・デビューを牽引し、シャープをトップブランドに導きました。また、「日本で製造業を極める」と宣言し、液晶テレビの生産拠点として三重県に亀山工場を建設します。それは日本中から「メイドインジャパン」復活として喝采を浴びました。初の著書で、その「オンリーワン経営」の真髄を綴ります。シャープ激動の10年の軌跡は、21世紀の日本企業のあり方、方向性に、大いなる示唆を与えてくれるはずです。(FH)
商品情報
書名(カナ) オンリーワンハソウイデアル
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年09月20日
ISBN 978-4-16-660653-5
Cコード 0234

著者

町田 勝彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く