作品紹介

哲学者の、青春読書疾風怒濤篇

「ボードレールもランボオも、アランもドストエフスキーも、西行も実朝も、ゴッホもセザンヌも、なにもかも小林秀雄に教わった」

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ハイデガーの世界的研究者で、数多くの現代思想の翻訳でも知られる哲学者の木田元さんは、終戦直後は闇屋もしていたという異色の経歴の持ち主。木田さんは、「ボードレールもランボオも、アランもドストエフスキーも、ゴッホもセザンヌも、モーツァルトも、なにもかも小林秀雄に教わった」とおっしゃいます。小林秀雄を「総元締」に「文学・芸術の、いいお師匠さんが大勢いた」と回想する、刺激あふれる昭和20〜30年代の青春読書疾風怒濤篇。(FH)
商品情報
書名(カナ) ナニモカモコバヤシヒデオニオソワッタ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年10月20日
ISBN 978-4-16-660658-0
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く