作品紹介

貧困にあえぐ「蟹工船」世代か、甘ったれケータイ世代か

不可解な若者激増は社会のせいか甘えなのか。『論座』から『文藝春秋』まで重要論考収録。この1冊で若者論争の全体像が明らかに

担当編集者より
秋葉原無差別殺傷事件をはじめ、「若者」をめぐる論議がさかんになされています。貧困にあえぐ「蟹工船」世代か、ただの甘ったれケータイ世代か。『論座』から『文藝春秋』まで、赤木智弘、雨宮処凛、太田光、萱野稔人、佐藤優、重松清、城繁幸、高山文彦、仲正昌樹、野口健、三浦展、宮嶋茂樹、宮台真司、山田昌弘他各氏による議論を収録した本書を読めば、不可解な我が家の「若者」の気持ちがわかるかもしれません。(FM)
商品情報
書名(カナ) ロンソウワカモノロン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年10月20日
ISBN 978-4-16-660665-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く