新書
新書

文春新書

おかみさん

海老名 香葉子

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2008年12月17日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

来年3月、次男・いっ平が林家三平を襲名

林家三平亡きあとも林家一門を支えて隆盛に導いた「おかみさん」。満載の秘話から明かされる「妻」「母」「経営者」としての達人ぶり

担当編集者より
海老名香葉子さんは、18歳で落語家の林家三平師匠と結婚し、以来、「昭和の爆笑王」を陰で支え続けました。昭和55年に三平師匠が亡くなってからは、逆風の中、林家一門の結束を守り続けます。長男が九代林家正蔵を襲名し、次男・いっ平は2009年3月に二代林家三平を襲名、今や一門は隆盛を迎えています。咄家(はなしか)の妻は「おかみさん」と呼ばれます。「おかみさん」には、妻、母、経営者の、3つの役割が要求されます。「林家正蔵」名跡秘話、林家一門最大の危機など、満載の感動エピソードの中から、「おかみさん」としての達人ぶりが、鮮やかに浮び上がってきます。(FH)
商品情報
書名(カナ) オカミサン
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2008年12月20日
ISBN 978-4-16-660673-3
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く