新書
新書

文春新書

『神々の乱心』を読み解く松本清張の「遺言」

原 武史

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2009年06月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

清張さんを道案内に宮中の奥深くに入る

最新の天皇研究をリードする著者が、松本清張が自らの総決算を意図した遺作を手がかりに、日本人にとって、天皇制とは何かを探る

担当編集者より
『昭和天皇』で第12回司馬遼太郎賞を受賞した原武史さんの天皇研究の出発点は、新聞記者時代の昭和天皇報道でした。その後、『大正天皇』を出版したあと出会った松本清張さんの遺作長篇小説『神々の乱心』(文春文庫)に衝撃を受けます。『昭和史発掘』の昔から最晩年にいたるまで、清張さんはこんなに大胆で、最先端をゆく天皇論を小説やノンフィクションとして書いていたのか、と。『神々の乱心』を10回以上精読し、そこにこめられた「松本清張と天皇制」の秘密に迫ったのが本書です。(HH)
商品情報
書名(カナ) カミガミノランシンヲヨミトク マツモトセイチョウノユイゴン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年06月20日
ISBN 978-4-16-660703-7
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く