文春新書

私が見た21の死刑判決

青沼陽一郎

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2009年07月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

あなたは裁判で死刑を宣告できるのか

重大犯罪を犯した被告たちはいったいどんな人間で何をしたのか? 長年刑事裁判を見続けてきた著者が法廷で見た極刑犯たちの素顔

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
裁判員制度がスタートしましたが、あなたは、裁判で死刑と判断できますか——。麻原彰晃をはじめとするオウム信者、畠山鈴香、池袋の通り魔、光市母子殺害事件の元少年……。重大犯罪をおかした死刑犯は、いったいどんな人物で何をしたのか? そして、なぜ死刑を言い渡されたのか。あるいは、それを免れたのか——。長年にわたって精力的に幾多の裁判の取材を続けてきた著者が、それぞれの法廷で見てきた極刑裁判の様子と法廷で垣間見せた被告たちの素顔を綴りました。いつ裁判員に選ばれるか分からない時代に必読の書です。(IS)
商品情報
書名(カナ) ワタシガミタニジュウイチノシケイハンケツ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年07月20日
ISBN 978-4-16-660706-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く