作品紹介

煩悩まみれの現代人へ、仏教界から救済の書

不安と迷い大きい“末法の世”を生きる現代人へ、浄土真宗24代門主が贈る人生の書。「誰もが救われる」と説く親鸞の思想が甦る

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「歎異抄」がブームですが、遂に真打ちが登場しました。五木寛之氏、ダライ・ラマ氏とも親交を結ぶ仏教界の重鎮・浄土真宗本願寺派門主による初の人生書です。平安末の混迷期、仏教エリートでありながら「愚者」になることを選んだ親鸞聖人を今に甦らせつつ、現世的な悩みの数々にも応えた、仏教の底力を感じる1冊です。(KR)
商品情報
書名(カナ) グノチカラ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年10月20日
ISBN 978-4-16-660718-1
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く