新書
新書

文春新書

中島敦「山月記伝説」の真実

島内景二

  • 定価:本体760円+税
  • 発売日:2009年10月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「中島敦=孤高の天才」伝説に斬り込んだ意欲作

傑作「山月記」の原案「人虎伝」は実は当時よく知られた話だった。なぜ「山月記」だけが生き残ったのか? 隠された友情を読み解く

担当編集者より
今年は中島敦の生誕100年と聞いてもピンとこない方も、高校教科書の定番「山月記」の作者と聞けば、「ああ、詩人が虎になった話か」と思い出すのではないでしょうか。僅かな傑作を残して夭折した孤高の天才。しかし、実は当時、「山月記」の元ネタはよく知られた話で、大物作家による類作も複数あったのです。なぜ、無名の作家の「山月記」だけが生き残ったのか? 切ない真実に迫ります。(IT)
商品情報
書名(カナ) ナカジマアツシサンゲツキデンセツノシンジツ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年10月20日
ISBN 978-4-16-660720-4
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く