作品紹介

なぜ「いい人」に見られたいのか

周囲の期待通りに「偽りの自分」を生きていると感じる人たちがいる。「代償的自己」をキーワードに説く「自分の人生」を実感できる方法

担当編集者より
「偽りの自分」を生きていると感じる人たちがいます。「外界から期待されている自分」を演じながら、思考し、欲求し、行動する一方で、別の「本当の自分」があるはずと考える——。「代償的自己」をキーワードに、人生を「自分の人生」として実感できる方法を導きます。(IS)
商品情報
書名(カナ) ダイショウテキジコヲイキル イイヒトニミラレタイショウコウグン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2009年10月20日
ISBN 978-4-16-660724-2
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く