新書
新書

文春新書

農協との「30年戦争」

岡本重明

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2010年01月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

農業復興のため「戦う農民」が立ち上がった

農協と30年にわたり、戦い続けてきた岡本重明氏。これまであらゆる改革を拒んできた「最後の聖域」の知られざる恥部を暴露する

担当編集者より
日本の農業は崩壊の危機に瀕しています。農業者の65%は65歳以上の高齢者で耕作放棄地は東京都の面積の約1.8倍。食料自給率は40%に落ち込んでいます。著者の岡本さんは愛知県渥美半島で稲作とキャベツ、ブロッコリー栽培等を営む専業農家。今日の惨状を招いた元凶は、補助金頼みの農民を「ムラの掟」で縛りつけ、あらゆる改革を拒み、自らの組織を潤わせることに専心してきた農協だ、と断じます。「変人農家」呼ばわりされてきた「戦う農民」岡本さんの怒りの告発には、農政改革へのヒントが詰まっています。(MS)
商品情報
書名(カナ) ノウキョウトノサンジュウネンセンソウ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2010年01月20日
ISBN 978-4-16-660737-2
Cコード 0295

著者

岡本 重明

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く