作品紹介

なぜ日本にはカエサルのような指導者が出ないのか

ローマ帝国は危機に陥るたびに挽回した。では、今のこの国になにが一番必要なのか。「文藝春秋」の看板連載がついに新書化なる

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本にはなぜカエサルのような果断なリーダーが出ないのか? 昨今の政治状況をみれば誰もがこうした疑問を抱くことでしょうが、塩野七生さんは本書で、見事にこの難問に答えてくれます。月刊「文藝春秋」の名物連載がついに新書化。小林秀雄氏や司馬遼太郎氏がそうであったように、ローマの歴史と対話しながら、この国のあり方を根本から論じます。つづいて『国家と歴史篇』が6月発売です。(IM)
商品情報
書名(カナ) ニホンジンヘリーダーヘン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2010年05月20日
ISBN 978-4-16-660752-5
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く