作品紹介

「コンクリートから人へ」じゃ日本は亡びる

ダムは本当に不要なのか。道路は充分に足りているのか。公共事業費は他国より割高なのか……。巷間伝わる誤認を専門家が徹底検証

担当編集者より
ダムは本当に不要なのか。道路は充分に足りているのか。公共事業費は他国より割高なのか……。「コンクリートから人へ」のモットーの下、様々な事業が切り捨てられようとしています。本書では、京大大学院で都市社会工学の教鞭を執る著者が、ダム、道路、橋梁、港湾、地震対策等に関して事実やデータを基に巷間伝わる誤解を徹底検証。また、デフレの時代にこそ公共事業が必要な根拠も示します。(IS)
商品情報
書名(カナ) コウキョウジギョウガニホンヲスクウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2010年10月20日
ISBN 978-4-16-660779-2
Cコード 0233

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く