作品紹介

われわれは何故このロボットの虜になったのか?

今も大人たちを燃え上がらせるガンダム。京大高坂正堯門下の著者がこの名作アニメを通して日本人の戦争観、ものづくりを読み解く

担当編集者より
昨年の放映30周年にはお台場に原寸大のレプリカが立ち、ガンプラ30周年の今年は特別仕様のジェット機や携帯が登場。燃え上がる一方の「機動戦士ガンダム」ブームですが、なぜこのロボットアニメが、かくも日本人の琴線に触れたのか。著者は京大法学部卒高坂正堯門下の異色ライター。「小沢一郎=シャア」論、「ザク=零戦」論をはじめ、極めて斬新な切り口でガンダムの魅力を読み解きます。(SM)
商品情報
書名(カナ) ガンダムトニホンジン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2010年11月20日
ISBN 978-4-16-660784-6
Cコード 0276

著者

多根 清史

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く