作品紹介

コーンスープで終わっていませんか?

余計な調味料は必要なし。蒸らし炒めの技術で、野菜の味はここまで引き出せる。基本のポトフから始まる、洋風スープを極める奥義

担当編集者より
エジプトのピラミッドは、労働者に玉ねぎを食べさせて建てた、という故事から、辰巳さんは「玉ねぎのぽったら煮」を考案しました。夏が来る前に食べたい一品です。西洋食文化の長い歴史からヒントを得るのが辰巳式。野菜を蒸らし炒める手法を発展させ、旨味成分を最大限に引き出す。スペイン式の豆の扱いに学ぶ。昆布とかつお節でブイヤベースを洗練させる、などなど。単なる洋風を超えた、賢く生きるための美味しいスープを紹介します。(AI)
商品情報
書名(カナ) タツミヨシコスープノテホドキヨウノブ
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2011年02月20日
ISBN 978-4-16-660795-2
Cコード 0277

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く