作品紹介

歴代経営者に見る東電「失敗の本質」

地域独占、政治献金、天下り……。政官産に加え学界とマスコミを丸め込み、原発安全神話を作り上げてきた「驕りの歴史」を暴く

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
地域独占企業として成長し、政治献金と天下りポストの提供などで、政官産の複合体をいち早く作り上げた東京電力。原子力発電の開発が主力となるや学界とマスコミをも巻き込み、「原発安全神話」を作り上げていく……。福島原発の事故により、次々と明るみに出ている東電の「驕り」。歴代経営者の「失敗の本質」は奈辺にあったのか——。長く朝日新聞で担当記者を務め、電力中央研究所顧問に転じた筆者だからこそ書ける内幕を緊急刊行します。(IS)
商品情報
書名(カナ) トウデンテイコクソノシッパイノホンシツ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2011年06月20日
ISBN 978-4-16-660810-2
Cコード 0234

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く