作品紹介

あの時、陛下は何を胸に抱いて詠んだのか

激動の時代を生きた昭和天皇の懊悩を明かす貴重な資料——それは御製。昭和史を知り尽くす歌人と作家が、語り尽くした30時間!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
87年の長き生涯にわたって、約1万首の和歌を詠まれたといわれる昭和天皇。今回は、大正期の皇太子時代から昭和63年の最晩年まで、約100首を取り上げることで、昭和天皇の足跡と胸中に迫ります。ノンフィクション作家で歌人の辺見じゅんさんと、昭和史研究の第一人者である保阪さんの対談は、これまで見過ごされがちだった御製に新たな光を投げかけます。昨年9月に惜しまれつつ急逝した辺見さんの遺作でもあります。(SH)
商品情報
書名(カナ) ギョセイデヨミトクハチジュウナナネン ヨミガエルショウワテンノウ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2012年02月20日
ISBN 978-4-16-660845-4
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く