作品紹介

漢字で五感を呼び覚ませ!

目に宿る霊力、耳が表す聡明さ。五感にまつわる漢字の成り立ちを知ることで、古代中国人の感性を探り、現代に失われた感覚を呼び戻す

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
中国天津市で書道を教えていた張莉さんは、日本のかな書道に魅せられ、やがてその興味が漢字の起源へと向い、ついに京大大学院で五感に関する文字を研究することに。「目」には霊力が宿り、「耳」は聡明さを現し、「鼻」が自分を指すのはなぜか。文字に潜む古代人の感性をあぶり出します。さらに、日本と中国での漢字の変遷をたどることで、両者の感覚の違いにも迫ります。甲骨文字と日本語を同時に学んだ著者ならではの発見をお楽しみ下さい(RM)
商品情報
書名(カナ) ゴカンデヨムカンジ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2012年03月20日
ISBN 978-4-16-660853-9
Cコード 0295

著者

張 莉

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document