作品紹介

「アメリカ型経済を真似て、私の国はメチャクチャです」。在日歴20年以上のイタリア人建築家ファブリツィオ・グラッセッリさんは、こう語ります。
敗戦後の奇跡的な復興から、近年の政治・経済・社会の劣化、教育制度の危機、そしてアメリカ主導のグローバリゼーションまで。長い歴史を誇りながらも、今では「立派な」借金大国である日伊両国には多くの共通点が存在します。だとしたら、国家破産に向かう今日のイタリアは、明日の日本の姿なのでしょうか。
ミラノの工場で働き、賃金カットの危機にあるビアンキ氏と憧れの国日本にやって来るニートでオタクの息子。彼らを主人公にストーリーが展開し、かの国で今、何が起きているかを描くとともに、日本を少しでも良い国にするための、ウィットに富んだ提言を行っているのが『イタリア人と日本人、どっちがバカ?』です。目からウロコの比較文化論となりました。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
長い歴史を誇りながらも、今では「立派な」借金大国――。イタリアと日本には、ほかにも多くの共通点が存在します。第2次大戦での敗戦と奇跡的な復興、アメリカ主導のグローバル化への戸惑い、教育制度の危機、そして近年の政治・経済・社会の劣化……。今日のイタリアは、明日の日本の姿なのか――。在日歴20年以上のイタリア人建築家が「ふつうの」日本人に、イタリアで今起きていることを知らせるとともに、日本を少しでも良い国にするための、ウィットに富んだ提言を行っています。(IS)
商品情報
書名(カナ) イタリアジントニホンジンドッチガバカ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2012年09月20日
ISBN 978-4-16-660876-8
Cコード 0230

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く