作品紹介

財政危機が叫ばれ、税と社会保障の一体改革が議論の遡上にのぼる一方で、あまりの複雑さゆえに、全体像がよくわからない日本の税体系。消費税増税は今後の日本経済にどういう影響を与えるのか、富裕税を課税すべきか否か、といった具体的な議論をするその前に、そもそも租税とは何かを知ることが大切なのではないか。日本がギリシャのように国家破綻などしない理由とは? 「納めるもの」というよりも「とられるもの」という日本人の租税に対する「悪」の意識はどこに起因するのか? といった疑問をひもときながら、財政政策に長年携わってきた著者が、社会をデザインするための租税の本質をわかりやすく説く。

担当編集者より
財政危機が叫ばれ、税と社会保障の一体改革が議論の俎上にのぼる一方で、複雑怪奇で全体像がよくわからない日本の税体系。消費税増税は日本経済にどんな影響を与えるのか、富裕税を課税すべきか否か、といった具体的な議論のその前に、そもそも租税とは何かを知ることが必要だ。長年、財政学者として政策に携わってきた著者による、社会を読み解き、デザインするための決定版・税金の教科書です。(TN)
商品情報
書名(カナ) ゼイキンジョウシキノウソ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2013年01月20日
ISBN 978-4-16-660897-3
Cコード 0295

著者

神野 直彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く